みゃうちゃん

  • 2011.08.24 Wednesday
  • 21:50
ミャウちゃんに沢山の
応援、ありがとうございます

22日、月曜日。
朝から雨でした。
パパニャンは現場が出来ないのでお休みになりました。

日曜日も食べない、飲まないミャウちゃん。

月曜の朝は私にイカ耳で「シャ~怒怒り]

…?なんか変だ。

お休みになったパパニャンにミャウちゃんの病院をお願いして
仕事に行きました。

ミャウちゃんは血液検査。

診断名は「免疫不全」

血はドロドロを超え、注射器の中でも傾けても動かないほど。

内臓が機能していないため、水でさえ消化するのが辛いことなんだとか。

定期的な点滴で少し長生きできるそうです。

短命ですと。

あーちゃんの子なので長生きはできないだろうと思っていましたが。



座るのを待って隣でくつろぐミャウちゃん。

あーちゃんも辛いからよくこうやって寄りかかっていました。

だから、この回数が増えてきて心配してたんです。

白血球は3100。
通常は9000~1200あると。
6000が最低数値。

弟めぐは赤血球が足りません。

2ニャンで半分個ずつすればちょうどいいのに悲しい

病院に行った後は血が出ているので隔離です。

血液感染に注意です。

ミャウちゃん事態は怪我をしない、病気に最善の注意が必要です。

ワンルームのわが家で隔離は…ケージのみ。

ミャウちゃんかなり怒っていたそうですがしょうがありません。



子にゃん子に寝床を占領されても怒らず、

外でも仲良しを好む優しい子。



一日でも、多く生きようね笑顔

点滴の翌日から食事もよくたべ、栄養食もがつがつ。
カリカリもオエっってしながらもまた食べ、調子はかなりいいです。

これを続けるためにこまめに点滴に通います病院

また嫌われちゃうけど落ち込み頑張るのだ力こぶ
続きを読む >>

口蓋裂

  • 2010.11.20 Saturday
  • 22:48
話が長くなります。

お時間がありましたら

お付き合いください。

うちやんズ、最悪なことに風邪が大流行泣く

隔離できない我が家では

そう・・

私が甘かったんです。

とりあえず、抗生物質と目薬と

ひどい子は病院で…。

今週末も大忙しです。

子にゃんズは

可哀想なことに3匹感染してしまい…。

原因は優しいお兄ちゃんず、大ちゃんたち。

おしっこの世話を買って出てくれ、

全身ペロペロ…。

メイちゃんは目が腫れあがり、病院に行くことにしました。

ついでだからと、小チャンの様子もみてもらうことに。

今日の病院は何時もの病院が臨時休業だったので

里親会の時に診てもらった先生のところへ行くことにしたので

小チャンを診たことのない先生はどう思うのか

聞いてみようと思ったんです。

「ミルクとふやかしたカリカリしか食べないし

ミルクは鼻から出てくる」

これを聞いた先生は口の中を再確認。

「あ、これは、やっぱりびっくり

先生の口から出た言葉は

「口蓋裂」

口の中の上あご部分がのどに向かって真っ二つに分かれるように

裂けているんです。

小チャンは幸いなことにのどに近い部分から少しの部分でしたが…ショック

そのため、食事がうまく体内に取り込めず、

上手く入っても肺に流れやすく

肺炎を起こしやすい。

症状に一つが発育不良でした。

野らの子として生まれていればすぐに死んでおり、

また、こうして我が家で生まれても、

「よくここまで生きていた」状態なんだそうです。

短命だと。

生きる間、そばに置いてあげようと決めました。




続きを読む >>

selected entries

recent comment

profile

search this site.

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM